Menu

食べにいく! 2022.05.09.Mon

店主自ら釣った魚を楽しめる渋谷の隠れ家【游魚 和田丸】

どうも!COOKLOOKの阿部です!
本日も食覧ありがとうございます!

今回は1998年に創業した渋谷にある鮮魚を扱う【游魚 和田丸】さんに行ってきました!

こちらには新鮮な魚介類を毎日仕入れており、朝から仕込みをしてその日に捌いたものなどを使って、ランチの定食や夜の刺身などを出しております。店主さんは、大学卒業後から魚を学び始めていて、今では釣りに行き釣った魚をお店で提供することもあるほど、魚を愛し、お客さん達に喜んでもらいたいという想いが強いです!

ランチの人気商品はなんといっても海鮮塩ユッケ丼で、ご飯の上に乗っているとろろが塩味がして新しい味わいを楽しめることがあるのだとか、、気になりますよね!

“居やすい雰囲気”のお店を店主さんは目指しており、お客さんからスタッフさんまでもが楽しんで食べて働けてる雰囲気のお店でしたので、
是非、食覧楽しんで下さい!

取材動画はこちら:https://youtu.be/d8FRZw8LjXA

動画では魚を捌く仕込みのシーンから、ランチの営業時の様子も見ることが出来るようになっているので、是非、こちらもご覧頂ければと思います。

又、魚を扱うお店と言えば、こちらもまた渋谷にある【魚力】さんも有名です。中骨までホロホロになるサバの味噌煮が大人気のお店で、記事ではお店の歴史を深堀りさせて頂いたので、こちらも下記より是非ご覧頂ければと思います!

創業117年!毎日50kgの白米がなくなる老舗鮮魚店【魚力】

【魚力】さんの記事はこちら

游魚 和田丸とは?

【游魚 和田丸】さんは、1998年に創業した渋谷にある鮮魚を扱う定食屋兼、居酒屋のお店です。元々は和田さんという方が初代として働いており、勇退後、2代目として鈴木さんが店主として厨房に立っております。

游魚和田丸_外観 (5)

渋谷駅より徒歩9分にあり、道玄坂を登っていった先にあります。又、神泉駅からは徒歩2分で来ることが出来るので、京王線を使っている人たちは神泉駅で降りて【游魚 和田丸】さんに向かったほうが早く行くことが出来ます!

渋谷駅

渋谷駅は日本でも言わずと知れた駅で、JR線・東京メトロ線・東急線・京王線など様々な電車が通っているので、どの方でもアクセス良く来れる場所になっています。

游魚 和田丸のルーツ!

【游魚 和田丸】さんは1998年に創業し、当初は和田さんという方がお店を切り盛りしていました。“和田”という名前から和田丸という名前が誕生し、船とかに付ける名前の様な感じで魚を扱うお店に合っていますよね!“游魚”という言葉も和田さんが考案してお店の名前に付けたそうです!

游魚和田丸_店主 (3)

今回は2代目店主の鈴木さんにお話をお伺いさせて頂きました。鈴木さんは和田さんが勇退後、【游魚 和田丸】さんの店主さんとなってお店を切り盛りしています。

隠れ家的な外観

【游魚 和田丸】さんは道玄坂を登っていき、道玄坂上交番の交差点を神泉駅方面に行った路地にあります。少し入った路地の2階がお店になっているので、隠れ家的なお店になっています!

游魚和田丸_外観 (2)

白い看板が上にあって、これを見つければすぐにお店の入口が見つけられると思います。又、詳細情報にグーグルマップのURLも記載しておくので、そちらから見ることが出来ますので分からなくなった方はそちらから是非、ご確認下さい!

游魚和田丸_外観 (4)

取材させて頂いた時はランチの時だったので見れましたが、“11時30分よりランチやってます”という看板も出ているのでこれを目印にしてお店を探すのもありだと思います!お店の階段下には、和田丸・円山町と書いてある木箱があり、和のお店という雰囲気が出てます!

ゆったりとご飯を楽しむことが出来る内観

階段を上がり、店内に入ってみると木を基調とした内観が広がっていました。木を基調としているので、なぜだか落ち着いてしまう雰囲気もあり、ゆったりとご飯を食べれる印象のお店です!

又、鈴木さん自らコロナの時期にリノベーションして、壁紙を剥がしてペンキを塗ったりしたそうなので、鈴木さんの激推しな内装になっています!(笑)

游魚和田丸_内観 (1)

テーブル席が4卓あり、それぞれの席にはクッションが敷かれているので、木の椅子でもゆったりと居ることが出来ます!又、カウンター席も7席ほどあるのでカップルやお1人様で食べに行くのも良く、店主さんと魚について話したり、談笑することもできるのでいいですね!

游魚和田丸_内観 (5)

店内に入って、左に行き階段を上がると座敷席がありました。こちらも木を基調とした席となっていて、和の雰囲気と落ち着いた雰囲気を感じられます。又、夜はお酒も出しているので団体などでお店にいくのもありです!

【游魚 和田丸】さんは全体的に魚屋・和食ということもあるので、日本らしいお店のテイストになっていてどんな人でもゆったりとご飯・お酒を楽しむことが出来る空間が広がっていました。

居心地の良いお店、游魚 和田丸!

2代目店主の鈴木さんにお店のコンセプトをお聞きすると、やっぱりお客様が“居やすい雰囲気”のお店を目指したいなということを一番に話していました。【游魚 和田丸】さんは実際、8割が常連さんらしく、お店に来てくれた人がその後何度も足を運んでくれるそうで、これからもそういうお店を目指していきたいそうです!

魚_仕込み_包丁 (2)

鈴木さんは、お客さんだけでなくスタッフの方々にも楽しく働いてもらいたいという気持ちが強く、今までもスタッフの方たちはほとんど辞めておらず、辞めてもその後食べに来てくれる人がほとんどだそうで、鈴木さんの人柄とお店の雰囲気が本当に良いんだろうなという感じが伝わってきました!

魚を始めたのは友達のお父さんがきっかけ!

鈴木さんが魚を学び始めたのは、友達のお父さんがきっかけだったそうです。大学卒業後は飲食店ではない仕事に鈴木さんは就きましたが、ものの3ヶ月で退職しなにかみんなが集まれるものをやりたいということで飲食店を始めることを目指しました!

和田丸_名刺_魚_渋谷

そこで出会ったのが友達のお父さんでもあり、初代でもある和田さんだそうで、魚を学ぶとともにお店のことを一緒に学んでいったそうです!

友達のお父さんのお店で社会人として働くってあまりないですよね。それだけ、やりたい想いと友達からの信頼がないとそれは叶わないと僕は思っているので鈴木さんの強い想いが伝わりました!

魚を扱うのはやはり大変!

鈴木さんは【游魚 和田丸】さんでも人生でも魚を学ぶのは初めてで色々と苦労したことはあったそうです。魚は鮮度はもちろん大事ですが、綺麗に切ることと早く切らないと身割れしてしまったりするので、スピードと技術が必要になったそうです。

魚_捌く_職人_鰤(9)

又、触りすぎるのも鮮度や身割れの危険性があるのでそこも意識しないといかず、1つ1つの作業が魚の美味しさを変えてしまう原因になってしまいます。今では、一人前の職人さんとして朝仕入れた魚を手際よく捌いていて、まさに職人技を見ることが出来ました。

ショーケース_魚屋_刺身_寿司

魚も色々な食べ方があり、ずっとお店をやっていると美味しい食べ方をずっとやってしまうが、お客さんからこうしてほしいという要望からそれを上回る美味しさの食べ方も見つけられるそうで、日々、勉強になることもあって今本当に楽しい職業としてやっていました!

こだわりはやっぱり旬のお魚!

【游魚 和田丸】さんでは、こだわりとして旬な魚を使っていることと話していて、毎日鮮度の高い魚を仕入れていて、なおかつ旬な魚も時期に合わせて仕入れているそうです!

魚_捌く_職人_鰤(8)

旬の魚は今、温暖化による気候の変化で読めなくなっていることもあるが、それでも美味しく脂が乗っている魚を提供できるのが【游魚 和田丸】さんの凄いところ。仕入れ先もずっと同じ魚屋さんを使っているからこそ、信頼関係もあり、良い魚をお客さんに提供できています!

鮭_下焼き_魚

又、【游魚 和田丸】さんでは、ランチの海鮮丼や刺身、夜の刺身の盛り合わせなどは旬に合わせた魚を使っており、時期に合わせて使っている魚が変わっていくそうです!

こういうのもその時に行く楽しみの一つになるので嬉しいですよね!

店主自ら釣りに行く!

店主の鈴木さんは釣りも趣味の1つで、【游魚 和田丸】さんが休みの日曜に良く釣りに行くそうです!

游魚和田丸_店主 (1)

よく東京湾や八丈島に釣りに行くそうで、そこにも釣り仲間がいて一緒に釣りに行ってます!しかし、釣り仲間が見つかるまでは釣りも一切やったことがなかったそうで、釣り仲間に一から様々なことを教わったそうです!

又、そこで釣った魚は月曜日の営業の時に振る舞うらしく、それを知って月曜日に来るお客さんも結構いるみたいです。釣ったアジをアジフライにして提供したら、「このアジ次いつ釣り行く?いつ出す?」と聞かれるほど月曜日は人気の日だそうです!

魚_捌く_職人_鰤(7)

自分で釣った魚だからこそみんなに食べてもらいたいという気持ちは強く、鈴木さんは凄く大きな魚を釣ってお客さんに振る舞うのも夢の1つとして持っているそうです!みんなを喜ばせたいという優しい想いが良いですね!

新鮮な魚を使ったランチ3品!

今回【游魚 和田丸】さんでは、どの料理も新鮮な魚を使っていますが、その中でも人気かつ旬なランチを3品頂きました!

味噌汁作る女性 (1)

朝からスタッフさんも仕込みを手伝っていて、一つ一つの料理を手作りで愛情込めてる様子を見ることが出来て僕も幸せな気持ちになりました。そんな朝の仕込みはYoutubeで見ることが出来るので、是非そちらもご覧ください!

人気商品が並ぶランチメニュー!

【游魚 和田丸】さんのランチメニューには、丼ぶりから定食など様々な商品がありました。又、旬な魚を使ったその時だけ食べることが出来るメニューもあるので、そちらも試してみるのもいいですね!

游魚和田丸_メニュー

こちらが、ランチメニューになっており、大人気の海鮮塩ユッケ丼(¥1,000)やピリ辛海鮮丼(¥1,000)などの丼ものや、ぶり照焼と刺身定食(¥900)やぶりかま塩焼と刺身定食(¥1,000)などの旬な魚を使った定食がリーズナブルな価格で楽しむことが出来ます!

大人気の海鮮塩ユッケ丼!

最初にご紹介するのは海鮮塩ユッケ丼(¥1,000)です!こちらはランチの中でも大人気の商品でほとんどの女性がこれを頼むそうです!

 

海鮮塩ユッケ丼_和田丸_定食 (1)

こちらが海鮮塩ユッケ丼で、味噌汁とサラダ、豆腐が付いています!

海鮮丼には上からとろろがかけられていて、その上に半熟卵が乗っています!このかかっているとろろが人気の理由なようで、塩とごま油をとろろに混ぜているそうで、それが刺身のタレとして食べれるようになっています!初めて聞くような感じなので食べるのが楽しみです!

卵割る_どんぶり_丼_美味い

上に乗っている半熟卵を割って混ぜて一口食べてみると、口の中で革命がおこりました!初めて食べる塩味のとろろは、塩味が強いわけではなく刺身の味わいを引き出すちょうど良い塩味で、よい魚の旨味と脂を感じることが出来ました!又、そこに卵の濃厚なコクが乗ってきて、さらにご飯が進んでしまう。これが人気な理由が分かります!

このとろろは初めて食べたような感覚があるが、それよりも美味しいが全然勝ってしまう。

丼_持ち上げ_海鮮丼 (2)

具材にはマグロ、タコ、ホタルイカ、ブリ、ねぎとろが入っており、魚の旨味も全て詰まっていて新鮮さが伝わる。5種類もの海鮮が入っているが、季節ごとに種類や数も変わることがあるので、その時々で味の変化を楽しめるので間違いなく頼んでも後悔なんてするはずのない1品でした!

旬な鰤を使ったぶり照焼と刺身定食!

つぎにご紹介するのはぶり照焼と刺身定食(¥900)です!こちらは、取材時にも良く出ていた商品で、木箱に新鮮な食材が詰められているのが特徴です!

定食_魚屋_仕込み_木箱 (3)

カウンターに木箱を並べて、一つ一つ丁寧に鈴木さんが準備をしていました!木箱に入っている料理ってオシャレですよね。しかも、そこには魚が入っているって和を大事にしているところが感じられます!

刺身定食_木箱_和田丸 (1)

こちらがぶり照焼と刺身定食です!ぶり照焼と刺身のタコ・カツオ・ブリが並べられており、サラダと豆腐が付け合わせでついています!又、定食なのでご飯と味噌汁もあります。

木箱にキレイに並べられていて、美しさを感じるととともに魚に脂が乗っているのが分かるキラキラとした感じが、より食欲を掻き立ててくれますね!

早速、ぶり照焼を頂くと、照焼の味とともに酒の風味も感じられました!しっかりとブリの脂も乗っていて、照焼と酒の風味でブリ本来の美味しさがより引き立てられました!皮や血合いの部分までしっかりと味がしているので最後までぶり照焼を楽しむことが出来ます!

刺身定食_木箱_和田丸 (2)

刺身もそれぞれがしっかりとした味を持っていて、新鮮さがありました!ブリはトロンとしたなめらかな舌触りと濃厚な旨味が楽しめて、タコは歯ごたえもあり、旨味が凝縮されていました!カツオも旨味が凝縮されていて、どの海鮮もご飯が止まらず食べられてしまいました!

男の胃袋を掴むピリ辛海鮮丼!

最後にご紹介するのはピリ辛海鮮丼(¥1,000)です!こちらはその名の通りピリッと辛い味わいとタレと一緒に海鮮を楽しむことが出来、よく飲み会後に、男性の方々がミニサイズで占めとして頼むことが多いそうです!

ピリ辛海鮮丼_刺身_卵_定食 (2)

こちらがピリ辛海鮮丼です!サラダと味噌汁、豆腐が海鮮塩ユッケ丼と同様についています!このピリ辛海鮮丼にはピリ辛となっているが辛くない唐辛子を使っているそうだが、ラー油のようなピリッと辛い味わいが楽しめるそうです!

又、上に乗っている卵を割って食べるのとか辛い料理にはもってこいですよね!

ピリ辛海鮮丼_刺身_卵_定食 (4)

早速一口食べてみると、海鮮にピリッと辛いタレが味わいとして乗っかってきて男性は間違いなく好きになる味わい!ご飯との相性も良く、海鮮よりご飯がどんどん進んでしまいます。ピリ辛だからこそ、少し濃い目の味付けになっているが重たい感じも一切なく箸がどんどん進んでしまう。

このタレの秘密を聞いてみると、辛くない唐辛子とごま、ごま油を使ったタレを1日寝かしておくと、風味と旨味が凝縮された味わいになり、そこに自ずと辛味が乗ってくるそうです!

ピリ辛海鮮丼_刺身_卵_定食 (1)

ちなみに、しっかりと卵の黄身は割って混ぜて食べさせて頂きました。卵のコクがピリ辛な味わいを上手く包んでくれて辛さを残すわけではなく、全体的な魚やタレの美味しさを口の中でまとめてくれていました!又、こちらにも海鮮塩ユッケ丼同様、マグロ、タコ、小さなイカ、ブリ、ねぎとろなどが入っていて、様々な海鮮が楽しめて美味しく最後まで頂けました!

僕的にはこれが一押しです!ごちそうさまでした!

游魚 和田丸からのお知らせ

【游魚 和田丸】では居心地の良いお店を目指して、日々営業しており、旬な海鮮や鮮度の高い海鮮を使ったランチやご飯を食べることが出来ます!又、店主自ら釣った魚も翌日の新鮮なうちに食べることができるので、是非、食べに来てください!

游魚和田丸_店主 (2)

【游魚 和田丸】さんの店主の鈴木さんは人柄が凄く良く、みんなを楽しませてくれる方で気さくに取材を受けてくれました!お店の雰囲気も料理も最高なお店ですので、是非足を運んでください!

Youtubeやってます!

COOKLOOKと同じように、【游魚 和田丸】さんではYouTubeをやっています!魚を釣りに行く様子などが見れますので、是非こちらもチェックしてください!

游魚 和田丸さんのYouTubeはこちら

あのお店とも知り合い!?

他にも渋谷にあるお店を取材させて頂いておりますが、【游魚 和田丸】さんの鈴木さんは渋谷で有名なラーメン屋【喜楽】さんの店主さんとも仲良く、今回は【喜楽】さんよりご紹介して頂きました!

下記より、【喜楽】さんの記事も見ることができるので是非、食覧してみて下さい!

創業70年!渋谷のラーメン界を守る名店「喜楽」!

【喜楽】さんの記事はこちら

今回も美味しく、素晴らしい飲食店を取材させて頂き有難う御座います!

食覧有難う御座いました!

Store Information店舗情報

店舗名 游魚 和田丸
住所 〒150-0044 東京都渋谷区円山町22-18 桃山コーポ1 2F
京王井の頭線【神泉駅】徒歩2分
【渋谷駅】徒歩9分 Google map
電話番号 03-3496-3435
営業時間 月〜土 11:30〜13:30 17:30〜23:00
定休日 日曜祝日
予算 昼 ¥1,000〜2,000
夜 ¥3,000〜4,000
決済方法 現金、paypay、aupay
クレカ(JCB、Diners、AMEX)
URL https://youtube.com/channel/UCYSpWcg2Dc4GqfXiML8w4hg
予約

この記事をシェアする

Related article関連記事

料理-盛りつけ
2022.04.07.Thu

昭和25年創業!実家の味を思い出させる【動坂食堂】...

MOKUBAZA-チーズキーマカレー
2022.03.01.Tue

SNSで大バズり!美しすぎる元祖チーズキーマカレー!【M...

炒飯_鍋_職人_チャーハン (1)
2022.05.18.Wed

中華一筋42年の鉄人が作る、紅白の麻婆豆腐を食べに行く【...

New articleあたらしい記事

2022.07.24.Sun

錦糸町で120年続く伝統の味。そば処【丸花】に潜入!...

2022.07.09.Sat

人気洋食屋の本格的で高コスパのお弁当とランチ【にゅうとん...

レバニラ_元祖_定食_飯テロ (1)
2022.05.27.Fri

伝説の元祖レバニラは賄いから生まれた究極の料理【ここのつ...

YouTube

取材した飲食店さまの4K 動画をアップしています!店主やスタッフ、仕込みや調理、店内の様子、アクセスなどの動画を撮影しています!行かなくては分からない、雰囲気、色、音を動画で体験してください!
公式YouTubeチャンネルを見る!

TikTok

取材した飲食店さまの情報を15 秒から1分ほどにまとめた動画を投稿しています! さくっと見れる編集で、気軽に見れますのでぜひご覧ください!
公式TikTokチャンネルを見る!

Instagram

飲食店さまの取材画像やお料理、外観、雰囲気などをインスタに投稿しております!食欲そそる写真を投稿しますので、ぜひ見に来てください!
公式Instagramを見る!

Follow us

pagetop