Menu

食べにいく! 2022.04.07.Thu

昭和25年創業!実家の味を思い出させる【動坂食堂】

どうも!COOKLOOKの阿部です!
本日も食覧ありがとうございます!

今回は、昭和25年創業の地元で愛され続ける定食屋【動坂食堂】さんに行ってきました!

今年で創業72年を迎えた定食屋さん。
長いですよね。戦後まもなくと考えると歴史を感じます。
今では食という文化を様々な方向に発展していますが、
まだ発展する前であった戦後からここまで続けている凄さが身に沁みます。

定食屋・食堂と聞くと何か温かみを感じますよね!
勝手にですが実家に帰ったような気持ちにもなり、ご飯がより美味しく食べれそうですよね!

食べログ百名店に選ばれたり、ドラマのロケ地などでも使われる大人気店のこだわりやコンセプトなどを含めて
お店を紹介していきますので、是非食覧楽しんでください!

取材動画はこちら:https://youtu.be/z24EaPGcqTQ

TikTok動画はこちら:https://vt.tiktok.com/ZSdhUFndy/

動坂食堂とは?

【動坂食堂】さんは昭和25年に開店し、今年で創業72周年です!
JR山手線田端駅北口から徒歩12分の所にあり、北口からほぼ1本道でいけるので分かりやすいです!

田端駅

北口から白山小台線をまっすぐ新田端大橋でないほうに進んでいくと【動坂食堂】さんが見えてきます。
【動坂食堂】さんは、お店の前に“動坂”(ドウザカ)という坂が目の前にあったので
その名前を使って【動坂食堂】という名前になったそうです!

動坂食堂の歴史

【動坂食堂】さんは、創業72年でありお店は家系で創業から今まで守られています。
創業から、この地で業種を変え続け、昭和40年代に食堂になったそうです。

動坂食堂-外観 (3)

昔は、ガラス建ての窓の食堂だったらしく、
今の【動坂食堂】さんがある建物ができたのは25年前だそうで、
大きな食堂ではなかったが、地元の方々に愛されてきたからこそここまで大きな食堂になれたようです!
今では、7~8割が常連さんだそうで、
様々なメディアに取り上げられることもあり、若い男女のお客さんなども最近は増えてきているそうです!

なんと厨房に立つのは〇代目!?

72年という時を経て、1代目∼3代目の方はもう勇退していましたが、
現在はなんと6代目も厨房で調理をしておりました!
このCOOKLOOKを始めて6代目まで続いていて、それを見れるのは初めてでした!

動坂食堂-店主 (1)

6代目の根本さんは
まだ20代ながら色々な料理を見てきたからこそ、自信をもって料理を作っているのがかっこよかったです!

肉を焼く女性

6代目の奥様も厨房で鍋を振っていて、
本当に家族でお店をやっているんだなと思い、家族の絆を凄い感じました。

おばあちゃん_料理

又、5代目の奥さんが店内で先頭に立ち、テキパキと注文・配膳などを行っていて
4代目のおばあちゃんも厨房に入って調理のサポートをしていて
おばあちゃんの作るごはんが本当に美味しいと6代目の根本さんが話していたのを見て
ほっとした温かみを感じました!

僕は〇代目という称号は今持っているわけではないですが、
この〇代目ってなんかいいですよね。今までの家族の功績や凄さを感じつつも
その仕事を受け継ぎ、自分色に染めて昔の名残も残しつつさらに良いお店にしていくのが良いなと思います。
正直、その立場になったことがないので
難しいことや苦しいことはもちろん多いなと感じますが、
家族でやってきたことだからこそ頑張ろうという気持ちがより湧き出てくるんだなと思います。
僕、良いこと言いました(笑)

やっぱり料理は手作りが一番!

【動坂食堂】さんでは、一番手作りを大事に考えているそうです!
こだわりが手作りっていいですよね!

動坂食堂-厨房

どんな食材・料理でも手作りで作るからこそ
味が伝わり、その人の想いも伝わるので手作りで作ることをこだわりに持っているのは
本当に素晴らしいことだなと思いました!

動坂食堂自慢の調味料!

【動坂食堂】さんでは様々な調味料を手作りで作っていました!
ケチャップや、ソース、マヨネーズ、タルタルソースなど
手作りで作るからこその美味しさを生み出せているのは間違いないです!

マヨネーズ_自家製

朝の仕込みでは、マヨネーズとタルタルソースを作っていました。
泡だて器にはマヨネーズがここまで絡んでいますが、
ここまで絡まるまでに凄く時間がかかっていたので手作り大変さ、大切さを感じました!

1日に何100食分ものソースを作るので、腱鞘炎になってしまうくらい混ぜているそうです。
この作り方も昔から同じ作り方で作っているので、常連さんも喜んで食べてくれていました!

揚げ物も手作り!

【動坂食堂】さんでは、定食がメインのお店なので揚げ物を扱った商品が多いですが、
そんな揚げ物も一つ一つ手作りで作っているそうです!

揚げ物 揚げ方

コロッケやメンチカツなどの揚げ物も一つずつ作っていて
さらに、アジフライも他のお店だと冷凍のものを使ったりしているが
【動坂食堂】さんでは新鮮なアジを捌いてアジフライにしていたりしているそうで
手作りへのこだわりがやはり凄いなと感じました!

カレーは10時間かける!

調味料や揚げ物など様々なものを手作りで作っている【動坂食堂】さんですが、
カレーも1から手作りで作っているそうです!

料理_盛りつけ (2)

カレー粉から1から作ることもあり
カレーができるまでにはなんと10時間もかかるそうです!
数ある商品の1つに対してここまで手作りのこだわりを追求しているところが本当にすごいです!

ちなみに、このカレーには隠し味としてケチャップを入れているそうですが、
このケチャップによってコクが違ったり、普通のものとは違った味わいが出せるみたいです!

数多の人の胃袋を掴んできた動坂食堂!

【動坂食堂】さんは、
数多くの学生や昼下がりのサラリーマンの胃袋を掴みに掴んできました。

動坂食堂-言葉

【動坂食堂】さんの店内には
ことわざの“くる人も又くる人も福の神”が木彫りで飾ってありました!

くる人も又くる人も福の神とは、
来てくれるお客様すべてが福の神(良い運を招いてくれる神)。
だから大切にしようという意味です。

引用元(https://ja.wikipedia.org/wiki/ことわざ)

人を大切にするために、手作りのこだわりを大事にしてきた【動坂食堂】さんだからこそ
使える言葉です。

THE食堂を感じる外観

【動坂食堂】さんは街にあってほしい食堂という言葉が似合いすぎました。

動坂食堂-外観

大きな文字で見やすい青文字の看板がドンっと目に入る感じがいいですよね!
主張が激しい感じも少しあるかもしれませんが字体などから慣れ親しみを感じます。

動坂食堂-外観 (2)

開店時には暖簾もかかっているので、間違えて入ってしまうこともなさそうですね!

ショーケース_サンプル (2)

暖簾の横にはショーケースの中にずらりと並んだ食品サンプルを見ることもでき、
THE食堂という言葉がぴったりのお店ですよね!

食堂に来たなと感じることが出来る内観!

うわあ~絶対いいお店だなと外で感じた後、実際に店内に入ってみると、、
やっぱり思ってた通り良いお店だと思いましたね!

動坂食堂_店内(2)

この木の椅子とテーブルの感じいいですよね。食堂に来たことをより感じられます。
席には七味、塩、醤油、ソース、コショーが置いてあるので
少し味変して楽しむこともできそうですね!

動坂食堂_内観 (1)

全部でテーブル席は11個ほどあり、40席ほどありました!
取材時には、10時30分の開店と同時に続々とお客さんが入ってきており、
回転も速く、料理が美味しいあまりどんどん口に運んでいく姿を何度もみれました(笑)

店内を埋め尽くすメニュー!

店内にはこれでもかと壁を埋め尽くすメニューが飾られておりました!
このメニューの量には誰もが驚くと思います。それくらい本当に多いです。

動坂食堂_メニュー (3)

まず、お料理を出すカウンターの上ですね!
黄色の紙に黒字で商品名が書いてあるのが特徴です。

アジフライには大中小があるようですね!自分のお腹の量にあったサイズを選べるのはありがたいです!

動坂食堂_メニュー (4)

奥にはカンパチやまぐろなどの魚料理のメニューが飾られていました!
あれ、アジフライ大中小だけでなく、“特大”もあるやん!
どんだけ大きいのか気になっちゃいますよね!

 

動坂食堂_メニュー (1)

壁には紙ではなく黄色のプラスチックを使ったメニュー表がありますね!
こちらには丼ぶりや炒め物があるんですけど、【動坂食堂】さんメニューが多いですね!

動坂食堂_メニュー (5)

まだあるんです!
こちらには、サッパリ系のものですね!定食ともう1品やビールのつまみとしてもありですよね!
あ、ここ動坂食堂さんではお酒を飲むこともできます!

このように【動坂食堂】さんでは、メニューは60品以上あり、
その日その日であるメニューもあるので全部で80~100程あるそうです!多すぎます!
全部制覇してる人とかいるんですかね(笑)

動坂食堂の大人気商品を頂く!

今回、【動坂食堂】さんでは、
あれだけのメニュー量から選ぶのはやはり大変でしたが、6代目の根本さんにもお尋ねしながら
2品頂くことにしました!

実際に行った時にどれ食べようとどれもおいしそうすぎて迷ってしまいますよね!
良い悩み過ぎて仕方ありません(笑)

動坂食堂_外観 (2)

“温もりの定食の店”というキャッチフレーズも看板に記載があるので
実家の味を思い出させるような味という期待が膨らみますよね!

人気No.1のミックスフライ定食!

まず、最初に頂いたのは【動坂食堂】さんで人気No.1のミックスフライ定食(¥1,030)です!

色々な揚げ物を食べるミックスフライは揚げ物好きには溜まらないですよね!
サクッとした衣にそれぞれの具材がいい味わいを出してくれるのが最高です!

 

ミックスフライ定食

こちらがミックスフライ定食です!
揚げ物は海老2本、ホタテ、白身魚、ヒレカツ、獅子唐が入っており、
肉×野菜×魚介を味わえるって最高ですよね!

そこに自家製マヨネーズ和えのスパゲッティとキャベツの千切り、トマト、レモンが添えられていますね!
ドサッとあるタルタルソースも楽しみですね!

豚汁_ミックスフライ

今回、ミックスフライ定食は豚汁(¥430)に変更させて頂きました!
この豚汁の具の大きさと量最高ですよね!
豚汁には大根、にんじん、こんにゃく、ごぼう、豚肉、豆腐などが入っていました!

早速フライを食べてみると、
全てのフライはサクッとした衣の食感とともにそれぞれの具材の味がしっかりとした出ていて
ご飯を食べてもまだ残るほど味がしっかりしていました!

そしてこのタルタルソースで海老フライを頂いてみると口の中で革命が起きました。
今までに食べたことのないコク・旨味が強いタルタルソースで
海老の海鮮味と甘味をより引き立ててくれましたね!最高です!

添えてある自家製マヨネーズ和えのスパゲッティとキャベツの千切り、トマトも全てが
さっぱり感を与えてくれるので何度もフライの味わいを楽しめました!
豚汁は具材の旨味と味噌の旨味がしっかり合っていて美味しすぎるにも関わらず
具材がしっかり味噌汁の味が染みているのでより旨さを感じました!

デカすぎ注意!特大アジフライ!

次に頂いたのは特大アジフライ定食(¥900)です!
“特大”って言われると大きさ気になっちゃいますよね!どんだけ大きいのか、、
特大に挑戦してみたいという男の心をくすぐられます(笑)

特大アジフライ定食

こちらが特大アジフライ定食です!
ちょっとアジフライでかすぎませんか?ギリギリお皿には乗っていますが
千切りキャベツなんてほぼ見えなくなっていますよ(笑)
それに、ご飯や味噌汁の器よりも余裕で大きいですよね!凄すぎますね!

こんな大きさ初めてみました!
ちなみにこの特大アジフライは仕入れと出る量に限りがあるので早めに頼むのもありです!

アジフライ_デカい (2)

早速、一口食べてみると、、(もちろん一口では食べれません(笑))

サクッとした衣とともに肉厚なアジが顔出してきました!
アジの素材の味わいがもろに出てきてくれるのでアジの美味さをより感じることが出来ます!

そして、やはり揚げ物なのでソースをかけて食べてみると、
あぁ~やっぱりこれが一番だと感じる味がしました!
スパイシーなソースの味わいにしっとりとしたアジの旨味と脂が本当に合うんです!

こんなデカいアジですが、本当に美味しいのでペロッと食べれてしまいました!
又、このアジを基にお酒を飲めるのができてしまうのが最高ですよね!

動坂食堂からのお知らせ!

創業72年と長い間【動坂食堂】を愛してくれて有難う御座います!
これからも、手作りの料理とアットホームな雰囲気で皆様をお待ちしておりますので
是非、何度もいらしてください!

料理_盛りつけ (3)

今回、取材させて頂いて本当にアットホームな雰囲気を感じました!
料理も美味しいですが、
仕込みも見させて頂いたので【動坂食堂】さんの心を込めている姿が凄く感じられました!

マヨネーズ作り体験!

今回、根本さんの計らいでマヨネーズを混ぜるところを体験させてもらいました!
「これまじで辛いですよ?やってみます?」というお話から始まり
やってみると、、、

マヨネーズの体験 (1)

本当に大変すぎました。全然かき混ぜることもできなかったですし、腕がきついきつい。
普段、体験できないことをできて良かったです、有難う御座います!
料理の難しさを改めて感じました(笑)

 

今回、【動坂食堂】さんの特大アジフライ定食を食べさせて頂きましたが、
同じアジフライを専門で扱うお店も以前ご取材したので是非、読んでみてください!

日本で唯一!地元のために脱サラした男のプラチナアジフライ!【アジ好きですか?】

【アジ好きですか?】さんの記事

本日も食覧有難う御座いました!

Store Information店舗情報

店舗名 動坂食堂
住所 〒113-0022 東京都文京区千駄木4-13-6 アドリーム文京動坂 1F
JR田端駅より、徒歩約12分
東京メトロ千駄木駅より、徒歩約16分 Google map
電話番号 03-3828-4498
営業時間 10:00~22:00(L.O.21:30)
定休日 日曜日、祝日
予算 昼 ∼¥1,000
夜 ¥1,000~2,000
決済方法 現金
URL
予約

この記事をシェアする

Related article関連記事

うどん茹で(サムネ)
2022.02.24.Thu

築200年の古民家で讃岐うどん!大人気は「黒かいと」!?...

2022.03.25.Fri

『蒲田に新しいカフェ文化を!』極上のコーヒーとともに!【...

おじいちゃん_食器洗い (6)
2022.04.27.Wed

創業144年の名店には60年間鍋を振る鉄人がいた【ゑちご...

New articleあたらしい記事

2022.07.24.Sun

錦糸町で120年続く伝統の味。そば処【丸花】に潜入!...

2022.07.09.Sat

人気洋食屋の本格的で高コスパのお弁当とランチ【にゅうとん...

レバニラ_元祖_定食_飯テロ (1)
2022.05.27.Fri

伝説の元祖レバニラは賄いから生まれた究極の料理【ここのつ...

YouTube

取材した飲食店さまの4K 動画をアップしています!店主やスタッフ、仕込みや調理、店内の様子、アクセスなどの動画を撮影しています!行かなくては分からない、雰囲気、色、音を動画で体験してください!
公式YouTubeチャンネルを見る!

TikTok

取材した飲食店さまの情報を15 秒から1分ほどにまとめた動画を投稿しています! さくっと見れる編集で、気軽に見れますのでぜひご覧ください!
公式TikTokチャンネルを見る!

Instagram

飲食店さまの取材画像やお料理、外観、雰囲気などをインスタに投稿しております!食欲そそる写真を投稿しますので、ぜひ見に来てください!
公式Instagramを見る!

Follow us

pagetop